menu

大人フェミニンアクセサリーサリー・カナ加奈

愛犬チャワンヒストリー、【お薬篇】


本日もご訪問くださいまして有り難うございます。

いくつになっても可愛く居たいあなたを応援します!
こんばんは。
大人フェミニンアクセサリー サリー・カナ加奈です。

 

本当に早いもので、
愛犬チャワンが虹の橋へ旅立ってから100日が経ちました。
今でもチャワンの話題になると、見境なく泣けてしまいます。

本日は、お薬やサプリメントを飲むようになった時の様子をご紹介します。

 

*とても上手に飲んでくれました。

 

在住地域の初山別(しょさんべつ)の中でも、

21才という年齢は最高ではなかったかなと思っています。

歳をとってくると、飲み込みが難しくなってきたり、

極端に柔らかなものは食べにくくなったりしてきました。

20才を迎えるにあたって、
高齢犬のフードを与えてみようと言う事になり、
ゼリー状に固まったような、
11歳以上用と書かれた缶詰をあげてみました。

 

歯磨きをした事がなかったので、

多分歯槽膿漏にはなっていたのかと思いますが、

みているこちら側としても食べづらそうにしているのが見てとれました。

 

これまではその同種成犬用の缶詰を食べてもらっていましたが、

高齢犬が一概に

高齢犬用の缶詰じゃなくてもいいのだと思い始めるきっかけができました。

 

その頃、犬友さんからこんなのを見つけてきたと頂いたのが

 

こちら。

 

繊維状に細かく裂かれた具材とスープが入っていて、

大喜びで食べてくれました。 

大好きなぺろぺろがみつかって、
買ってくるパッケージを見ては

“ちょうだ~い”

と口をぺろぺろさせながらおねだりしたのを思い出します。

 

 

*お薬はどうしていますか。

 

2017年3月から歩く事ができなくなって、

獣医さんにお薬やサプリメントを送ってもらう事にしました。

  

お通じをよくする為の粉薬があった為、
粉薬をオブラートに包み、
そのほかの錠剤も数個ずつオブラートに包み、
パウチの中にいれて食事として飲んでもらいました。

 

数個ずつオブラートに包むと、
中に入っている錠剤の大きさでオブラートが大きくなり。
飲み込む事が出来ずに残してしまう事がありました。

 

錠剤の大きさやバランスを整え、
数個ずつ包んでみるも、また同じ繰り返し。

最終的には、丸いオブラートを6等分し1錠ずつ包む事に。

 

チャワンは、お薬が入っている事は知っていましたし、
私もお薬の事をきちんと話していました。

でも、がんばって飲んでくれていたと思います。

 

とてもにがいお薬も有りました。
1錠ずつオブラートで包んでも、要らないと言う日も有りました。
ご飯も、お薬も無理して食べなくてもいいよ、
チャワンがしたいようにすればいいからと。

 

私たちが無理やり飲ませたりすると、
せっかくの食べたい気持ちが無くなってしまいますよね。

第一は、チャワンの快適の為に何ができるか

ということを常に考えていました。

 

オブラートにお薬を包むのは、大変なことだと思います。

怒りながら無理やり飲ませるよりも、どうしてお薬を飲んでいるのかを考えたら、

オブラートに包む事くらい何ともなくなりました。

是非参考にしてしていただけたら嬉しいです。

 

ご質問、ご要望は…

Facebookメッセンジャー
お問い合わせ

からお願い致します。

 

お読みくださり有難うございました。   

30代後半から40代
大人の女性の為のフェミニンアクセサリー サリー・カナ加奈でした。


にほんブログ村

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。