menu

大人フェミニンアクセサリーサリー・カナ加奈

お勧めの仕掛け絵本、≪愛蔵版 クリスマスの12日≫


本日もご訪問くださいまして有り難うございます。

いくつになっても可愛く居たいあなたを応援します!
こんばんは。
大人フェミニンアクセサリー サリー・カナ加奈です。

 

昨日、札幌のえほん図書館に行ってきた事も有り、
今日は点検を兼ねて絵本を読み返しています。

 

昨日の投稿

えほん図書館が開館してから、
ずっと伺いたいと思っていたのには理由がありまして、
所有している絵本の重版になっているものをみる為でした。

 

トップ画像にある仕掛け絵本は、

以前から色彩やディスプレイに使用する為に古書をご紹介いただいている
埼玉の“古本選堂(すぐりどう)”さん
からご紹介いただいたこちらの仕掛け絵本です。

2007年の初版本を所有していますが、
えほん図書館にも重版になったものが有りました。

元の絵本は、
英語版の≪THE 12 DAY OF CHRISTMAS ANNIVERSARY EDITION
英語版もみてみたいなと思いました。

 

図書館って借りたり調べるだけではなく、
重版本や原作を探す事も出来るな~と思った機会でも有りました。

 

絵本の中を詳しくご紹介できないのが残念ですが、

一部ショットを^^

全頁が仕掛けとして繋がっていて、
見開いた端にも仕掛けが施されています。

表紙は布が張られたハードカバーで、
背面は電飾の為の仕掛けが施された厚手のマットコート紙(かな?)

昨年12月に開催しました
絵本の世界からでも、窓のサン部分にディスプレイしていたものです。

重版するにつれて、
少しずつ内容が変化しているのか、見比べてみたいなと思いました。

  

ご本って、私は財産だと思っています。

絵本も含め、
創作する事ってぬくもりや思いが伝わる大切なツールではないでしょうか。

話す事もそう、
作る事も、
描く事も、

分野はそれぞれに違っても、
思いを形にして、
その先の皆様の笑顔の為にする事。

このような文化的な交流って、必要なのではないかと思っています。

 

ものづくりを通して、
やり取りがうまれたりする事が
私の創作活動には必要だと感じています。

 

クリスマスの12日は、1日だけではない全てが繋がる内容になっています。

大人になったからこそ所蔵してほしい1冊です。

 

是非この機会に、図書館へ足を運ばれ、
どのようなものかをご覧いただけたら嬉しいです。

 

ご質問、ご要望は…

Facebookメッセンジャー
お問い合わせ

からお願い致します。

          

お読みくださり有難うございました。   

30代後半から40代
大人の女性の為のフェミニンアクセサリー サリー・カナ加奈でした。  


にほんブログ村

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。