menu

大人フェミニンアクセサリーサリー・カナ加奈

コサージュとブローチの違いについて。


こんばんは。

大人フェミニンアクセサリー サリー・カナ加奈です。

ご訪問くださいまして有り難うございます。  

            

今日は成人の日でしたね。

成人された皆様、ご家族・ご親戚の皆様、おめでとうございます。

地元初山別の成人式は1月4日でしたが、当日は天候も良く晴れのお席にはぴったりの晴天でした。

 

*コサージュとブローチの違いとは!?

先日質問が寄せられましたので、ブログでもお知らせしておきますね。

   

コサージュとは…

”婦人服の胴部・身ごろの事で、下着をコルセット、上着をコサージュと区別した”そうです。

フランス語の ≪bouquet de corsage≫

胸元の花束という意味合いから、ご婦人がもつ花束が変化してコサージュ(またはコサージ)と伝えられているそうです。

本来は生花で作られたものをさすそうですが、お花を模してつくられた造花もコサージュというそうです。

 

何だか難しいですね。

”女性が胸元につけるお花”がコサージュという事ですが、男性はブートニア(またはブートニェール)というそうです。

キーワードは植物を含めたお花という事でしょうか。

 

         

ブローチとは…

”衣類に直接つける宝飾品を留める針や受け皿”をさすそうです。

紀元前のお話になりますが、宝飾品を身につけるために、金や銀を細工して針を作ったという逸話が有るそうです。

現在では針の形状によってそれぞれの呼称がありますが、全てを総称してブローチと言っていますね。

  

この様に、コサージュは女性が身につけるお花の部分をさし、

ブローチは宝飾品を含めた針や台座、

という事ですね。

   

…あれ?

気がつかれた方もいらっしゃいますか^^

そう、コサージュの針はブローチかも?という事ですが、全体像ではなく一部分をさす言葉だったものが、時間の経過とともに全体をさす言葉に移り変わっていったという事に尽きると思います。

 

コサージュはお花かどうか、ブローチは針の部分という事を覚えておいても良さそうですね^^

男性のブートニアは、改めてお知らせしますね。

 

お読みくださり有難うございました。

30代後半から40代
大人の女性の為のフェミニンアクセサリー サリー・カナ加奈でした。


にほんブログ村

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。